最近睡眠の質が良くない気がしたので、睡眠を測定してくれるiPhoneアプリを使い始めた。

iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 Sleep Meister - 睡眠サイクルアラーム Lite

使い方はアプリを起動して測定開始ボタンを押したあと、ロックして枕に置いておくだけだ。この手のアプリは数年前にも一度使ったことがあるが、全然測定できなくてすぐに使うのをやめてしまっていた。

今回も同じかもしれないな、と思ったが一週間ちょっと使ってみてそれなりに測定できているようなので紹介してみる。

測定では次のようなことがわかる。

  • 就床時刻
  • 入眠時刻
  • 鳴動時刻(目覚まし機能使用時)
  • 起床時刻
  • 総就床時間
  • 総睡眠時間
  • 総覚醒時間
  • 入眠潜時
  • 中途覚醒
  • スヌーズ(目覚まし機能使用時)
  • 睡眠効率

これらのデータと合わせて、時間ごとの眠りの深さがチャートでわかるようになっている。

ここ3日間ぐらいの僕の睡眠データを載せてみると、こんな感じになる。

一番右の7月21日〜22日にかけての睡眠はかなり悪そうに見える。嫌な夢を見て途中で起きたこともあって、実感に近い感じのデータがとれているような気がする。

週ごと、月ごと、年ごとの統計も見られるようになっている。この画面で驚いたのは自分の睡眠の浅さだ。深い睡眠8.8%って!とんでもない浅さだった。

睡眠の質を改善するには寝る前の行動が大切とかいうけど、仕事をしていると結局寝る直前までMacやiPhoneを触ってしまうのでなかなか難しい。測定するだけでなく、寝付きや睡眠の質を良くしてくれるウェアラブルなやつ、欲しい。