先日Google URL Shortenerのサービス終了が発表されました。今まで生成した大量のURLをどうしよう、戦慄している人も多いと思われます。

ニュースの見出しだけ見て「サービス終了まじか!」とならないように、原典をあたりましょう。

結論から言うと、既に作ったURLはサービス終了である2019年3月30日以降も従来通りリダイレクトされます。

原典にもその旨きちんと記載があります。

all existing links will continue to redirect to the intended destination.

また、ログイン状態で作られたURLのリストやアナリティクスデータはCSVでダウンロードできます。

右上に「DOWNLOAD CSV」ボタンがありますね。サービス終了までの間はCSVフォーマットで↑の画像と同等の情報をダウンロードすることが可能です。

とは言え、リダイレクトもいつまで続けてくれるか正直わからないと思うので、そもそも使わないでおいたほうが良いでしょう。