Googleで16進数のカラーコードを検索したらこんなふうにカラーピッカーが現れました。

HEXやRGB表記などのいくつかの形式のコピペ用の文字列が用意されていて、色を選択するとその部分も変わるので簡易な表記変換方法としては便利じゃないかと思います。

ちなみに、rgb(r, g, b)形式で検索した場合にもこのカラーピッカーは表示されますが、それ以外のHSVやHSL、CMYKの形式で検索した場合にはピッカーは現れません。