rspec--format html --out FILEみたいなオプションをつけるとHTMLで結果を出力できます。

とある事情でCircle CIのアーティファクトに置く必要が出たので、試してみました。

Circle CIのV2です。

working_directory: /tmp/working-directory

- run:
    name: Run rspec
    command: |
      bundle exec rspec --format html --out /tmp/working-directory/rspec.html

- store_artifacts:
    path: /tmp/working-directory/rspec.html
    destination: rspec.html

色々と略してますが、要はワークングディレクトリに結果を書き出して、その結果をstore_artifactsで配置するという感じです。

ところがこれをやってしまうと肝心のCIの画面への出力がなくなってしまうため、でどのテストが失敗したのかがわからなくなってしまいました。

そこで更に--formatオプションを追加し標準出力にも出すようにすることでCIの画面上からも確認できるようにしました。

bundle exec rspec --format p --format html --out /tmp/working-directory/rspec.html

できた。