完全にただの日記になっちゃうんですが、白文鳥を飼いはじめて4か月ちょっと経ちました。

文鳥は誰か一人をパートナーとしてもっとも仲良くするらしいです。娘がそのポジションになるといいなーと最初は思っていましたが、そのパートナーは僕になってしまいました。 リモートワークで常に家にいるし、飼い始め当初の放鳥(毎日かごの外に出して遊ばせる)では娘が慣れていないので代わりによく遊んだのもあって、必然だったかもしれません。なついてくれているのでかわいいです。

ちなみに飼い始めたころに書いたのがこれ↓↓

白文鳥飼い始めたら、リモートワーク的な寂しさが減った気がする - PIYO - Tech & Life -
白文鳥のひなを飼い始めました。きっかけは一人っ子の娘に弱者をいたわる気持ちを云々的な理由です。マンションの規約で小鳥か魚のみ可だったので、色

生後2か月ごろまで

飼い始め当初(2018年5月ごろ)の写真がこちら。まだ羽が生え変わっておらず、ぽわぽわした羽です。白文鳥なのに全体的にグレーがかっています。目の周りのアイリングもほんのりピンク色ですが、まだまだ色がついている感じはしません。

生後約半年

そして現在(2018年9月末)の写真がこちら。

羽の生え変わりはひととおり終わり、全体的につやっとしているのがわかると思います。残念ながら真っ白にはなりませんでしたが、それも個性ということで。アイリングの赤さが増していて、これぞ文鳥という顔立ちになってきました。

どうやらオスのようで、よくさえずっています。朝は小鳥のさえずりで起こされる感じw

スマホで写真を撮影しようと構えるとほぼ100%スマホに乗ってくるのでなかなか写真を撮れません。