Makuakeでこちらのプロジェクトを支援してみました。小型のエアポンプで浮き輪に空気を入れたり付属の収納袋を圧縮したりできるらしく、勢いでポチっとやりました。

Makuake
重量はわずか160g!缶コーラより小さい。 ポケットに収納でき、片手で持ち歩ける。 家庭ではもちろん、出掛け先での服の収納にも役立つ、50%以上のスペースの節約ができる。 キーボードや、隙間の掃除に気軽くできる。 265L / minの超大流量と1.8KPAの高気圧で空気を入れのが速やか

というのが7月の話です。8月中に到着という話だったのでそれなら夏のプールに間に合うだろうという算段もありました。

ところが8月の中旬、さらに下旬になってもまだ来ない。9月に入ってもしばらく届きませんでした。プロジェクトのオーナーからは「活動レポート」として発送連絡などがあるのですが、「全然届かない」といったコメントが多数付くなど雲行きが怪しくなってきました。

半分諦めていると9月25日ごろに到着。一応商品が届きました。当初の予定より約1か月遅れての到着で一番使いたいシーズン終わってるしと半分は思いつつも、旅行で衣類を小さく持っていけるのであればまあ使えますね。

気を取りなおして活用していきたいと思います。

エアポンプ自体について

支援した金額にもよりますが、僕はこれが届きました。

  • ポンプ本体
  • Micro USBケーブル
  • 各種アダプター
  • 収納袋
  • 圧縮袋(4枚)
  • 圧縮袋のファスナー閉じるやつ

収納袋は50cm x 70cmで、そこそこ入ります。

サイズ感はなかなか小型と言ってよさそう。iPhone Xよりも面積は小さいです。

機能のポイントは吸引力(または排出力)と音だと思います。

浮き輪を膨らませるぐらいであれば十分使えますが、圧縮袋でがっつり圧縮するには吸引力が弱いです。そして、小型で精一杯頑張るもんだから音がすごい。ドライヤーのターボモードぐらいの音が出ていると思われます。それなりにうるさいです。

「アウトドアで」みたいな使い方を想起しやすいですが、かなりの音なので目立つかもしれません。旅行に持っていってホテルで使うとかはむしろ大丈夫そう。ドライヤーみたいなもんなので。

ちなみに僕はまだ実用できていません。いや、だって欲しい時期に届かなかったので。