先日Boot Campを使ってWindowsも入れているMacをSierraからMojaveまでアップグレードしました。

そしてWindowsを使ってからBootCampのメニューから「OS Xで再起動」を実行すると、「OS X のブートボリュームが見つかりませんでした」とのメッセージが!

MacのアップデートでBoot Campがおかしくなったか?と焦りました。

しかし、きちんとAppleのサポートドキュメントがありました。

Boot Camp で Windows と macOS を切り替える
Boot Camp で Mac に Windows をインストールした後は、「option」キーを押しながら再起動して、macOS または Windows の起動ディスクを選択してください。

High Sierraから導入されたAPFSによってそれまでと同じ方法が使えなくなってしまったようです。

起動方法は↓です。

  1. Mac を再起動して、すぐに「option」キーを押し、そのまま押し続けます。
  2. Startup Manager のウインドウが表示されたら「option」キーを放します。
  3. macOS または Windows の起動ディスクを選択してから、矢印ボタンをクリックするか「return」キーを押します。

今まではWindowsを終わりつつ勝手にMacで起動できたのが、Windowsを止めたあとoptionsキーを押しっぱなしにしてStartup Managerを待つという手間ができた分面倒になりました。

まあ、壊れたわけじゃなくてよかったですけども。