ドキュメントツールのDashですが、スニペット機能もありますよね。Dashが出た当初はむしろスニペット機能のために使っていました。

普段からスニペットを便利に使ってるので活用例を紹介してみようかと。

スニペット展開キーワードのPrefix

スニペットの省略表記としては普段の入力に差し支えないPrefixがあったほうが良いです。僕は;始まりのキーワードを登録しています。

メールアドレス

メインのgmailのアドレスと会社のアドレスをそれぞれ登録しています。

たとえば;mlと打つとメインのメールアドレスに変わるようにしています(mailのイメージ)。

Hugo(ブログ)用のショートコード

amazonのリンクを置くときや、別ページへのリンクカードを挿入するときなどのためにショートコード用のスニペットを用意しています。

例えば、amazonへの商品リンクを表示するために、Hugoへの入力として以下のようなテキストを入れておくようにしています。

{ {< amazon asin="XXXXXXXX" >}}
(↑本来はスペース要らないですが、ショートコードに解釈されちゃうので空けてます。以下同じです。)

いちいち入力するのが面倒なので、AmazonのページからASINをコピーしておいた上で;asinと入力するとコピーしておいた内容をasin=""の部分に展開した状態のテキストを挿入できるようにしています。

スニペットの定義は↓。

{ {< amazon asin="@clipboard" >}}

別ページのリンクカードは↓のような感じで、これも同じくコピー中の内容を展開したものを挿入してくれます。

{ {< screenshot url="サイトのURL" >}}

Rubyプログラムのデバッグ

RubyのプログラムのデバッグにはPryを使う派です。

binding.pryと打つことが多いので、;pryとするとbinding.pryに展開されるようにしています。

debuggerは何故か手打ちしちゃうんだよな。

チェックボックス✅を入力する

ただのテキストのリストにチェックボックスの絵文字を挿入してDoneの感じを出すことが個人的には多いです。

いちいち変換するのが大変なので、;chで絵文字が出るようにしています。

前にも似たようなの書いてたww

なんと4年半ぐらい前にも似たようなの書いてた。忘れてた。