PIYO - Tech & Life -

Ruby

rspec-parameterizedで条件だけが異なるテストコードをDRYに書く

テストのロジックは同じだけど、入力値とそれに対する結果が異なるみたいなテストをシンプルにかけるrspec-parametrizedというgemがあります。 GitHub - tomykaira/rspec-parameterized: RSpec::Parameterized supports simple parameterized test syntax in rspec. RSpec::Parameterized supports simple parameterized test syntax in rspec. - tomykaira/rspec-parameterized github.com 存

Rubyで繰り返し予定を扱えるice_cube gemをざっくり紹介

Googleカレンダーみたいな繰り返し予定をRubyやRailsで扱う方法を解説します。 GitHub - seejohnrun/ice_cube: Ruby Date Recurrence Library - Allows easy creation of recurrence rules and fast querying Ruby Date Recurrence Library - Allows easy creation of recurrence rules and fast querying - seejohnrun/ice_cube github.com ice_cube gemは繰り返し予定用のRubyのライブラ

Rails周りで最近知ったこと 2018/04版

String#squish ActiveSupportで定義されているらしい。 def squish dup.squish! end def squish! gsub!(/[[:space:]]+/, " ") strip! self end halt_callback_chains_on_return_false がDeprecatedになった件でプルリク見てたら書いてあってみつけた。 deprecate halt_callback_chains_on_return_false instead of `halt_and… · rails/rails@4e63ce5 ActiveSupport::Deprecation.warn(<<-MSG.squish) ActiveSupport.halt_callback_chains_on_return_false is deprecated and will be removed in

markdown_section_numbering gemをアップデート

昔こんなのを作ったわけだけど、本当に少しだけ足りないなと思うところがあったのでアップデートしました。 マークダウンに見出し番号をつけるRuby Gem書いた - ぴよログ 上の記事で、「Automatorと連携

Azure Storage QueueでBase64関係の例外

バッチ処理のためのメッセージキューとしてMicrosoftのAzure Storage Queueを使っている。C#での使い勝手は言わずもがなだし、Rubyでも最低限のSDKが提供されているのでAWSと比べて使い勝手